CFD取引ガイド

証券CFD取引ガイド
CFD取引ガイドCFDの基礎知識CFD取引の特徴>レバレッジによる効率性

レバレッジによる効率性 / CFD取引の特徴

CFD取引では、通常5〜10%程度の証拠金を業者に預け入れることで資金の数倍から数十倍の取引が可能となる証券取引の一種です。例えば、10万円の資産で100万円以上の取引を行うことも可能となる取引です。高いリスクもありますが、それだけ効率的に資金を運用することが可能となります。

レバレッジとは

レバレッジとは、テコの原理というもので、小さなお金で大きなお金を動かすという意味になります。CFD取引においてはこのレバレッジにより手元資金の10倍〜100倍といった大きなお金を動かすことができるようになります。例えば、資金の10倍の取引をおこなった場合、1%の利益が出た場合でも手元資金からみれば10%もの利益をあげたことになり、より効率的な運用が可能です。反面損失が出た場合は、同様に大きな損失が発生することにもなりますので、ハイリスク・ハイリターン取引の代名詞的存在です。
CFD取引はレバレッジを活用できる有効な取引ではありますが、レバレッジ管理はしっかりと行う必要があります。

 

レバレッジ取引によるCFDのメリット

レバレッジによる最大のメリットはなんといっても、資金の効率的活用が挙げられます。例えば、100万円の資金があり、この100万円を資産運用資金にしたいと考えているとします。

通常株式投資をしようという場合は、100万円の範囲内でしか取引を行うことはできません。しかし、CFD取引の場合は、100万円を証拠金とすることにより、500万円〜1000万円程度まで大きな取引をすることができるようになります。大きなリスクを負うのは怖いという方は、証拠金とするのを100万円のうち20万円にしておいて、レバレッジ5倍の取引で100万円の株取引を行い、残りの80万円分は他の比較的安全な投資に振り分けることができるというのもレバレッジを活用した取引の一つといえるでしょう。

なお、レバレッジによる取引は効率性を生み出す代わりにその分、大きなリスクも生み出すことにつながります。CFD取引を行う上でのレバレッジ注意点をまとめていますので、「CFD取引とレバレッジ管理」をご参照ください。

また、下記のページもレバレッジ取引をするうえで参考になります。
レバレッジ取引で必ず理解しておきたいリスク

 

 

おすすめCFD取引業者

DMM CFD

DMM.com証券が提供するCFD取引サービスです。取引できるのは6商品(株価指数系4種+商品系2種)ですが、業界最安値水準となっているスプレッド(手数料)が魅力的です。
初めてCFD取引をするという方におすすめです。
>>DMM CFDの詳細情報を見る

 

ひまわり証券

日本で始めてCFD取引サービスを開始した証券会社。特にデモ取引は本番さながらの取引を体験できる。口座開設によりCFD取引の基本などを説明した本や現金プレゼントなどの付加的なサービスも魅力の一つ。
>>ひまわり証券の詳細情報を見る



証券CFD取引ガイド

copy right(C)2008-2013. 証券CFD取引ガイドのコンテンツの無断利用を禁止いたします。

証券CFD取引は投資です。当サイトでは、CFD取引についての解説を行っておりますが、その安全性・確実性・運用の成功をお約束するものではありません。投資を行うにあたっては自己責任でお願いいたします。[免責事項]