CFD取引ガイド

証券CFD取引ガイド
CFD取引ガイドCFDの基礎知識CFD取引の特徴>空売りができる

空売りができる / CFD取引の特徴

CFD取引では、空売りという取引を行うこともできます。空売りとは、例えば株式では、現在の株価1000円の銘柄があるとして、それが今後下落すると見込んで先に売ってしまうことです。その後予想通り株価が800円にまで下落した場合、800円で買い戻すことで差額の200円の利益を得ることができるというものです。

空売りとは

空売り(からうり:Short-Selling)とは、価格の下落を予想して保有していない証券を売却すること。現物取引の場合、原資産を保有していないのに原資産を売ることは通常できないが、株式信用取引などの場合、証券会社などから原資産を借りてそれを売却し、その後買い戻して証券会社などに返済する。 空売りを行う場合、投資家は目先の価格下落を想定しており、予想通り株価が下落した場合は、その差額を受け取ることになる。空売りのことを「ショート」とも呼ぶ。
金融用語:空売り

 

空売りができることのメリット

空売りのメリットとしては、通常の投資では原資産(株式や債券など)の価格が上昇する場合しか利益を得ることができないのに対して、空売りができる場合、今後価格が下がるだろうなぁ、と予見することができる場合であっても利益を出すことができるようになります。
つまり、投資の収益機会を拡大することができるのです。

 

CFD取引の場合オーバーナイト金利を貰うこともできる

空売りは株式投資で言えば信用取引でも行うことができますが、CFD取引の場合「オーバーナイト金利を貰うことができる」というメリットがあります。オーバーナイト金利とは、FXでいう「スワップ金利」のようなものです。

CFD取引では、ある株式を空売りした場合、その国の短期金利(政策金利)に相当する金利を毎日貰うことができます。例えば、日本の場合オーバーナイト金利が1%と仮定した場合は投資対象の原資産価格×オーバーナイト金利が、CFD取引で空売りしている投資家に対して支払われます。

 

 

おすすめCFD取引業者

DMM CFD

DMM.com証券が提供するCFD取引サービスです。取引できるのは6商品(株価指数系4種+商品系2種)ですが、業界最安値水準となっているスプレッド(手数料)が魅力的です。
初めてCFD取引をするという方におすすめです。
>>DMM CFDの詳細情報を見る

 

ひまわり証券

日本で始めてCFD取引サービスを開始した証券会社。特にデモ取引は本番さながらの取引を体験できる。口座開設によりCFD取引の基本などを説明した本や現金プレゼントなどの付加的なサービスも魅力の一つ。
>>ひまわり証券の詳細情報を見る



証券CFD取引ガイド

copy right(C)2008-2013. 証券CFD取引ガイドのコンテンツの無断利用を禁止いたします。

証券CFD取引は投資です。当サイトでは、CFD取引についての解説を行っておりますが、その安全性・確実性・運用の成功をお約束するものではありません。投資を行うにあたっては自己責任でお願いいたします。[免責事項]