CFD取引ガイド

証券CFD取引ガイド
CFD取引ガイドCFDの基礎知識CFD取引のリスク管理>ロスカットルールを決める

ロスカットルールを決める

ロスカットとは、損失が出ていてもCFD取引を決済する、ということです。投資による損失が発生しますが、これ以上の損失がでることを食い止めることができます。これをロスカット(損切り)と呼びます。CFD取引のようなレバレッジ取引では、しっかりとしたロスカットルールを定めることが重要です。

レバレッジ取引ではロスカットルールの設定が重要

CFD取引のように、預託資産の数倍〜数十倍のレバレッジ取引が可能な金融商品では、ロスカット(損切り)のルールを自分でしっかりと決めておき厳格に適用させる必要があります。
ロスカットルールを定めることはリスク管理の一つです。相場が悪く株価が下がった場合などでも「ここまで下がったんだから、もう上がる」「もうちょっと待ったら良いんじゃないか」などというように考えてしまいがちです。

もちろん、そうなることもあるでしょう。しかし、そうならないというリスクもあるのです。株取引をはじめとした運用では、大儲けすることよりも大失敗しないことを考えた方がよいと私は考えています。

CFD取引は特に預託資産以上の取引ができる金融商品ですから、預けている資産以上の損失がでるリスクもありえない話ではありません。そのため、一定以上の損失が出た場合は損失を確定させてでも取引を終らせるという考えも重要なのです。

ロスカットについては下記の記事も参考になるのでぜひご一読ください。

損切り(ロスカット)の重要性
分散投資でリスク管理


 

おすすめCFD取引業者

DMM CFD

DMM.com証券が提供するCFD取引サービスです。取引できるのは6商品(株価指数系4種+商品系2種)ですが、業界最安値水準となっているスプレッド(手数料)が魅力的です。
初めてCFD取引をするという方におすすめです。
>>DMM CFDの詳細情報を見る

 

ひまわり証券

日本で始めてCFD取引サービスを開始した証券会社。特にデモ取引は本番さながらの取引を体験できる。口座開設によりCFD取引の基本などを説明した本や現金プレゼントなどの付加的なサービスも魅力の一つ。
>>ひまわり証券の詳細情報を見る



証券CFD取引ガイド

copy right(C)2008-2013. 証券CFD取引ガイドのコンテンツの無断利用を禁止いたします。

証券CFD取引は投資です。当サイトでは、CFD取引についての解説を行っておりますが、その安全性・確実性・運用の成功をお約束するものではありません。投資を行うにあたっては自己責任でお願いいたします。[免責事項]