CFD取引ガイド

証券CFD取引ガイド
CFD取引ガイドCFDの基礎知識>CFD取引のコスト(手数料)

CFD取引のコスト(手数料)

CFD取引も証券取引の一種ですから、当然取引を行う上では手数料等のコストが発生することになります。ここでは、CFD取引を行ううえで発生するコストについてその種類や発生条件などを分かりやすく説明していきます。

CFD取引の取引コストについて

CFD取引における取引コストは大きく「ミニマムチャージ」「取引手数料」「為替コスト」「金利スワップ(オーバーナイト金利)」という4つのコストが関わってきます。簡単にそれぞれを説明していきます。

まず、 ミニマムチャージというのは取引金額が少ない場合に発生する手数料で、一般的に1回の取引が100万円未満となる場合に発生する手数料です。

次いで取引手数料というのは、取引自体にかかる手数料のことで、多くの場合は一律です。また、CFD取引の場合、一部は無料となっているものが多いです。

為替コストについてですが、例えばアメリカの株価指数を売買する場合は当然「米ドル」建てで購入する必要があります。この場合、米ドル買い・円売りという取引を経てから、アメリカの株価指数を購入します。このため、為替の交換に伴う手数料が発生します。

最後に金利差(オーバーナイト金利)についてですが、これは必ずしもコストになるわけではありません。一般に株式などを「買った」場合はオーバーナイト金利を支払い、逆に「空売り」した場合はオーバーナイト金利を受け取るという仕組みになっています。そのため、株価指数や株式の空売りを中心にした場合は、取引コストではなく、取引による利益となることもあります。

ミニマムチャージ

ミニマムチャージとは、各CFD取引業者が定めている最低取引量(金額)以下のCFD取引を行った場合に追加的に発生する手数料のことを指します。日本円の場合100万円を基準にしている業者が多いようです。手数料の金額は取引業者により異なります。

CFD取引手数料

CFD取引手数料とは、その名前の通りCFD取引を行う都度発生する手数料になります。多くの場合株価指数に対する取引手数料は無料としている取引業者がほとんどです。対して個別の株式に対する取引や債券などに対するものについては取引手数料が必要になります。

為替コスト

日本国内の株式指数や個別銘柄に対するCFD取引の場合はかからないコストですが、外国の株価指数や外国株を購入する場合は、それぞれの国の外国為替で投資することになりますのでその為替交換に対する手数料がかかります。各社では、インターバンク市場(銀行間取引)の為替レートに一定の手数料を上乗せしています。

オーバーナイト金利

オーバーナイト金利とは、CFD取引において「買い」をした投資家が支払い、「空売り」をした投資家が受け取ることができる金利のことです。FXにおけるスワップ金利と似た仕組みになっています。必ずしもコストになるわけではありませんが、CFD取引で「買い」をする投資家にはコストとなります。

 

 

おすすめCFD取引業者

DMM CFD

DMM.com証券が提供するCFD取引サービスです。取引できるのは6商品(株価指数系4種+商品系2種)ですが、業界最安値水準となっているスプレッド(手数料)が魅力的です。
初めてCFD取引をするという方におすすめです。
>>DMM CFDの詳細情報を見る

 

ひまわり証券

日本で始めてCFD取引サービスを開始した証券会社。特にデモ取引は本番さながらの取引を体験できる。口座開設によりCFD取引の基本などを説明した本や現金プレゼントなどの付加的なサービスも魅力の一つ。
>>ひまわり証券の詳細情報を見る

 



証券CFD取引ガイド

copy right(C)2008-2013. 証券CFD取引ガイドのコンテンツの無断利用を禁止いたします。

証券CFD取引は投資です。当サイトでは、CFD取引についての解説を行っておりますが、その安全性・確実性・運用の成功をお約束するものではありません。投資を行うにあたっては自己責任でお願いいたします。[免責事項]