CFD取引ガイド

証券CFD取引ガイド
CFD取引ガイドCFDの基礎知識>店頭CFDと取引所CFD

店頭CFDと取引所CFD

通常CFD取引というと、取引業者(証券会社)と直接取引をする店頭CFDを指しますが、2010年にはCFD取引の取引所版である「くりっく株365」という取引所CFDサービスがスタートしました。ここでは、店頭CFDと取引所CFDとを比較していきならが特徴を紹介していきます。

店頭取引(相対取引)とは

店頭取引というのは、投資家と証券会社(取引業者)が直接取引する方法です。たとえば日経225(日経平均)CFD取引の場合、投資家が1単位8000円で買うという場合、取引業者がそれを引きうける形になります。

 

取引所取引とは

取引所取引というのは、証券会社(取引業者)が行うのは市場への取次です。市場ではマーケットメイカーというCFDの買い手と売り手がおり、投資家はこのマーケットメイカーと取引します。市場では複数のマーケットメイカーが価格を提示しており、投資家はそれらの中から最も投資家に有利な価格を提示しているマーケットメイカーから買い(売り)ます。

 

店頭取引と取引所取引はどちらが魅力的なのか?

店頭取引も取引所取引もどちらもメリット・デメリットがあります。大きく「透明性」「手数料(コスト)」「品ぞろえ」「税制」で比較します。

透明性
店頭取引はあくまでも「取引業者」が提示する価格で取引をすることになります。ただし、いくらで提示するかは取引業者が決めることができます。そのため、同じ日経平均株価のCFD取引であっても、A社とB社の提示価格に大きな開きがあるようなこともあります。
一方で取引所取引の場合は、複数のマーケットメイカーによる提示価格の内もっとも有利な条件が投資家に提示されるので、透明性は高くなります。

手数料(コスト)
手数料を考える場合は店頭取引が有利です。店頭取引の場合、取引をするのは「投資家」と「証券会社(取引業者)」の2名だけです。一方で取引所取引の場合は「投資家」「証券会社(取り次ぎ)」「取引所」「マーケットメイカー」というように4名が存在することになります。
そのため、どうしても取引所取引の方が手数料コストが大きくなってしまいます。

品ぞろえ
店頭取引では、証券会社(取引業者)が自社の責任を負える範囲内で取引可能な商品を増やすことができますが、取引所取引の場合安定供給などの立場から沢山の取引商品を増やすことができません。その分店頭取引の方が取引可能なCFD商品の数は多くなります。

税制
2011年現在CFD取引の場合、店頭CFD取引は売買益が総合課税であるのに対して取引所CFDは分離課税(一律20%)、損失の繰り越しが可能というように取引所取引が優遇されています。

 

 

おすすめCFD取引業者

DMM CFD

DMM.com証券が提供するCFD取引サービスです。取引できるのは6商品(株価指数系4種+商品系2種)ですが、業界最安値水準となっているスプレッド(手数料)が魅力的です。
初めてCFD取引をするという方におすすめです。
>>DMM CFDの詳細情報を見る

 

ひまわり証券

日本で始めてCFD取引サービスを開始した証券会社。特にデモ取引は本番さながらの取引を体験できる。口座開設によりCFD取引の基本などを説明した本や現金プレゼントなどの付加的なサービスも魅力の一つ。
>>ひまわり証券の詳細情報を見る

 



証券CFD取引ガイド

copy right(C)2008-2013. 証券CFD取引ガイドのコンテンツの無断利用を禁止いたします。

証券CFD取引は投資です。当サイトでは、CFD取引についての解説を行っておりますが、その安全性・確実性・運用の成功をお約束するものではありません。投資を行うにあたっては自己責任でお願いいたします。[免責事項]